ナースケア・リビング nurse care living 世田谷中町ナースケア・リビンゲ nurse care living 世田谷中町

2017年5月オープン 医療依存度が高い方でも、不安なく介護保険サービスを受けられて、お家以外でも心と身体が休まる、リビングルームのような場所をつくりたい。「最期まで、自宅で。」看護小規模多機能ナースケア・リビング世田谷中町です。

ごあいさつ

「ナースケア・リビング」の母体となる桜新町アーバンクリニックは、世田谷区で訪問診療を開始してもうすぐ9年目を迎えます。日々、さまざまな患者さんと向き合い、ケアの実践と学びを重ねるなかでずっと葛藤してきたこと、それは、どうしたらもっと患者さんの
「自宅で最期まで暮らしたい」
「入院や施設入所はしたくない」
という気持ちに寄り添うことができるだろう?ということでした。

では、どうして望まない入院や入所の選択を余儀なくされるのでしょうか。そこには、家族の介護負担や医療的ケアの壁が存在します。

医療依存度が高いケアが必要な方は、一般的な介護保険サービス(デイサービスやショートステイ)が利用しにくくなります。介護職で実施できる医療的ケアが制限されているためです。気管切開されているから、経管栄養やバルーンチューブがあるから、酸素投与中だから、といった理由で利用できない現状がまだまだあります。
自宅で療養生活を継続するためには、家族が介護負担するしかありません。でも、休みなしの介護が続くと、どんなに愛情があっても、疲労が蓄積していきます。そんな家族の様子を見て、患者さんは入所や入院を考え始めるのです。

医療依存度が高い方でも、安心して介護保険サービスを利用できるようにしたい。家族が休めるように、お家以外の休まる場所、リビングルームを提供したい。お家での生活が継続できるように、セルフケアを高め、生活リハビリを強化したい。

そんな願いから、わたしたちは看護小規模多機能型居宅介護を選択しました。

ナースケア・リビング世田谷中町スタップの集合写真

看護小規模多機能型居宅介護(通称:かんたき)について

ナースケア・リビング世田谷中町の外観と介護の様子

ひとつの事業所から、「通い」「訪問介護」「訪問看護・リハビリ」「泊まり」「ケアプラン」の5つのサービスを提供します。
利用者様の身体の状態の変化にあわせて、医療と介護の専門職がご自宅での生活を最期まで支えます。

これまでの介護サービスとかんたきの介護サービスの比較概念図

はじめての方へ

  • ●対象になる方

    要介護認定を受けていて、お家での生活を希望される方はどなたでもご利用ができます。

    • 日常的に医療的管理が必要で、通常の介護保険サービスが利用できない方
    • 医療機器を利用しているため、デイやショートステイなどの利用が困難な方
    • 人生の最終段階で、専門的な(緩和ケアなど)看護・介護を必要とする方
    • 退院するにあたって、自宅療養に不安がある方
    • リハビリを強化し、セルフケア能力を高め、自立した生活を送りたい方
  • ●ご利用料金(1か月)

    要介護1 12,341円
    要介護2 17,268円
    要介護3 24,274円
    要介護4 27,531円
    要介護5 31,141円
    • 上記は1割の自己負担額。
    • 上記とは別に、サービスの利用状況に応じて、医療保険の自己負担金、食費、宿泊費、おむつ代やその他の日常生活費が必要になります。
はじめての方へ

事務所概要とアクセス

ナースケア・リビング世田谷中町へのアクセスマップ

東京都世田谷区中町五丁目9-9コミュニティプラザ4F

用賀・桜新町駅から東急バスも出ています。

東急田園都市線「用賀駅」より徒歩15分
東急田園都市線「桜新町駅」より徒歩16分
東急田園都市線「上野毛駅」より徒歩18分
東急バス「電々アパート前」より徒歩3分

事業所名
ナースケア・リビング世田谷中町
施設形態
看護小規模多機能型居宅介護
所在地
東京都世田谷区中町五丁目9-9コミュニティプラザ4F
建物・階数
鉄筋コンクリート造3階建ての3階
床面積
約255㎡
定員数・居室数
最大29名,7室
開設日
2017年5月1日(予定)
協力医療機関
桜新町アーバンクリニック
併設事業所
ナースケア・ステーション(訪問看護)

連携医療機関

桜新町アーバンクリニック

  • 院長

    遠矢 純一郎

  • 所在地

    外来)東京都世田谷区新町3-21-1 在宅)東京都世田谷区用賀2-15-5

  • 診療科目

    内科,小児科,皮膚科,婦人科,心療内科,精神科,在宅医療,訪問看護,居宅介護支援

  • 人員体制

    医師19名(常勤9名,非常勤10名)
    看護師16名(常勤15名),薬剤師2名,PT1名,OT1名,MSW1名,ケアマネ1名,事務10名,ドライバー8名 [ 合計59名]

  • 外来患者数

    1日あたり約70名

  • 在宅患者数

    約390名(居宅290名,特定施設70名,GH30名)
    在宅看取り数 96件,緊急往診件数 1100件以上
    機能強化型在支診(連携型/病床あり),在宅緩和ケア充実診療所

世田谷中町プロジェクトの、地域包括ケアの拠点として。

世田谷中町プロジェクトの、地域包括ケアの拠点として。

世田谷中町プロジェクトのイメージ図 世田谷中町プロジェクトのイメージ図

「世田谷中町プロジェクト」は東急不動産・NTTが行う、シニア住宅の複合開発プロジェクトです。都内最大となる約一万坪の敷地には、マンションとシニア住宅、コミュニティカフェ、認可保育所を設けられ、子育て世代からシニア世代までの人々が交流し、気持ちよく暮らすことのできる環境になります。そしてその中でわたしたち「ナースケア・リビング」は、地域包括ケアの拠点としての役割を担います。

関連リンク

  • 医療法人社団プラタナス 桜新町アーバンクリニック ブログ
  • プラタナス・ネットワーク 求人検索サイト 求人情報 見学実施中、お気軽にどうぞ!